マエカワユニフォーム

工場向け衛生白衣、衛生帽子の製造・販売、異物混入対応の白衣のことなら 株式会社マエカワユニフォーム

商品カテゴリ

コンテンツ

ブログはコチラ
 
fax注文書
 

送料について

1万円(税別)以上のご購入で送料無料
 

本州・四国・九州
500円(税別)

北海道
1,200円(税別)

沖縄・他離島
1,500円(税別)

(一部除外有り)

 

お問い合わせ

お問い合わせ


ご不明な点等ございましたら、当店スタッフまでお気軽にお問い合わせください。
迅速・丁寧をモットーに私たちがお客様の疑問を解決いたします。

お問い合わせはこちら

 

メディユニへのバナー
HOME»  HACCPについて知ろう

HACCPについて知ろう

食品を扱う事業者は責任を持って衛生管理を行い、安心・安全な商品を提供するよう努めなければいけません。食中毒や異物混入などの発生は、最悪の場合、死に至る可能性も否定できません。そんな食品の安全を確保するためにあるのが「HACCP」です。

HACCPとは?

HACCPとは?

医療機関の整っていない宇宙空間で、宇宙飛行士が下痢や食中毒にならないためには、宇宙食は絶対に安全なものでなくてはいけません。そこで、1960年代に宇宙食の安全性を高めるために考え出されたのが、Hazard(危害)、Analysis(分析)、Critical(重要)、Control(管理)、Point(点)の頭文字を取ったHACCPという食品の衛生管理の手法です。

原材料から調理工程、袋詰めや出荷までの重要な工程を継続して監視・記録します。そうすることで、あらゆる角度から食中毒や異物混入などの発生を未然に防止します。

世界中で高まる食の安全性~国内でのHACCP義務化~

世界中で高まる食の安全性~国内でのHACCP義務化~

1960年代にアメリカで開発された衛生管理手法「HACCP」ですが、日本国内での導入は遅れていました。すでにアメリカやカナダでは義務化されていたHACCPが、日本国内で導入が義務化されたのは2018年6月に行われた食品衛生法の改正からです。

食品の輸出・輸入が頻繁に行われる現代では、自国だけでなく海外で製造された食品を口にする機会も珍しくありません。そのため、食品の安全性は世界中で共通の課題となっています。実際に国内から食品を輸出する場合、HACCP認証が必要な輸入先(国と地域)は複数あります。

HACCP導入の義務化に伴い、衛生管理に必要なユニフォームを購入したいとお考えなら、マエカワユニフォームをご活用ください。マエカワユニフォームでは、工場向けの衛生帽子 や白衣を製造・販売しています。直販なので品質や価格、納入スピードには自信があります。ご利用いただいたお客様からは、「現在利用している他社より購入価格が安くなった」「対応が早く安心してやり取りができた」といった嬉しいお声もいただいています。

サンプルもご用意していますので、実際に商品の品質や手触りを実感してまとめてお買い上げいただくことも可能です。食品を扱う事業で食中毒や異物混入防止、HACCP導入に伴う衛生管理をお考えなら、マエカワユニフォームへ。

HACCP導入に伴い衛生管理に必要なユニフォームをお探しなら

会社名 株式会社 マエカワユニフォーム
住所(本社) 〒544-0032 大阪府大阪市生野区中川西1丁目18−23
電話番号 06-6741-0800
FAX番号 06-6712-7052
メールアドレス info@maekawa-uniform.com
URL https://maekawa-uniform.com
取扱商品 食品工場向けユニフォーム及び付属製品