マエカワユニフォーム

工場向け衛生白衣、衛生帽子の製造・販売、異物混入対応の白衣のことなら 株式会社マエカワユニフォーム

 

食への安心と安全をサポートします。 信頼の品質 Quality of trust

商品カテゴリ



 

コンテンツ

送料について

1万円(税別)以上のご購入で送料無料
 

本州・四国・九州
500円(税別)

北海道
1,200円(税別)

沖縄・他離島
1,500円(税別)

(一部除外有り)

 

お問い合わせ

お問い合わせ


ご不明な点等ございましたら、当店スタッフまでお気軽にお問い合わせください。
迅速・丁寧をモットーに私たちがお客様の疑問を解決いたします。

お問い合わせはこちら

 

HOME»  異物混入対策への考察»  異物混入対策への考察 袖インナーに関して


ご覧頂きありがとうございます。
上着袖部分インナーとパンツ裾部分インナーに関してですが、
弊社製品は当該部分にインナーが付いている製品の方が圧倒的に少ないです。。。
皆様が今着用されている製品は如何でしょうか?インナー付いてらっしゃいますか?

弊社も一時期は当該部分にインナーが付いている製品はあったのですが、
ある顧客の品質管理部の部長から以下の様な指摘を受けた事があります。
「袖口にリブが付いているのにも関わらず、なぜ袖口にもインナーが付いているのか?」
「リブだけでは体毛落下を防ぐ事は出来ないのか?それであればリブの必要性は?」
「インナーを付けるのに糸で縫製しているが、この糸が異物にならないのか?」
「インナーはガーゼの様な感じだが、このインナーが破れて異物にならないのか?」
「もしインナーが破損する可能性があるとした場合、着用前に必ず袖の中を見なければならない
 とてもじゃないが、作業員一人一人にそこまで徹底させるのは難しいし、到底管理も出来ない」

正直、返答に困りました。
インナーを付けている糸が解れて異物にならない。と断言も出来ませんし、
インナー自体ひっかければすぐに破損してしまう様な物ですので、それが異物にならない。とも断言出来ません。
「インナーが破損しても袖口にリブが付いていますので、そこで抑えられると思います」と回答したのですが、
「それならリブだけでいいのではないか?」と切り替えされ、撃沈されてしまいました。

今まで【あるに越した事がない】と考えていたのですが、
管理者と言う立場の皆様からすると無用の長物になっているのでは?と考えさせられた瞬間でした。
確かに「インナーがあればなんとなく安心」と言う気持ちもあると思いますが、
管理面から見ると無い方が良いのかもしれません。

ちなみに、その部長からは
「上着の腰インナーも要らない」
「作業者が勝手に腰インナーを切り取ってしまう可能性もあるし、そもそもインナーが必ずパンツの中に入ってるかも目視出来ないし、私がパートさんの服を捲る訳にもいかない為、管理出来ない」と言われ、
今は弊社のFP2710と言う製品に少し手を加えた物を着用して頂いています。